🇯🇵

Why PowerPool?

Why PowerPool? English Master

Crypto DeFi on Ethereum L1 has proven attractive, but at this stage is best characterised as early-stage venture capital investment. Uncertainty, combined with the ever-present risk of ‘hacks’ involving theft of funds, suggest better risk-adjusted returns from diversified portfolios. For the average investor, achieving the requisite actively-managed, broadly-diversified exposure across many promising tokens, while aggressively staking and collecting the DeFi rewards available, and with composability permitting responsible hedging, is best achieved by saving both time and money via an activist pooled investment management platform like PowerPool.

Ethereum L1 will struggle simultaneously to transition to POS and also to scale. Despite many EVM-compliant protocols moving to alternative L1s and L2 roll-ups or sidechains, surges in transactions traffic will keep the Ethereum L1 ecosystem gas fees too high for the average investor to achieve thematically-balanced, actively-managed, broadly-diversifed, rewards-rich and hedge-able portfolio on their own. The PowerPool Universe value proposition posits that responsible investing will be multi-chain/level and that the future Ethereum ecosystem gas fee environment is best managed by pooling average investors' tokens together with thousands of others.

PowerPool ‘basket’/index tokens can be minted directly, but to save gas fees, most investors simply buy them on DEXes. The compositions/weightings of diversified token baskets are actively managed by the stakeholders of the PowerPool DAO, although the composition of some may be managed in partnership with other DAOs to provide a full range of thematic investment options; borrowing/lending, synthetic shorting, and derivatives positions using perpetual futures and options. In future, the average investor need only hold a gas-efficient self-managed mix of PowerUniverse family tokens, which can be traded/swapped gas-free on the PowerPool website.

The PowerPool DAO governance CVP tokens can be staked/redeemed as xCVP tokens, earning a share of the NAV of the DAO Treasury, essentially an ownership share in a crypto hedge fund. Quadratic voting minimises the influence of 'whales' in managing the DAO affairs via xCVP/LP CVP tokens, minimum holdings of which are also used to 'gate' access to portions of the Community's online presence, such as the Forum Product Development discussions.

暗号ベースの DeFi は魅力的であることが証明されていますが、平均的な投資家にとっては、多くの有望なトークンにわたって積極的に管理され、幅広く分散されたエクスポージャーを達成する一方で、トークン所有者が利用できる報酬を積極的に管理および収集し、責任あるヘッジを可能にする構成可能性を実現するには、活動家の共同投資アプローチ。

少なくとも来年、そしておそらくそれ以上の間、イーサリアムはPOSへの移行、そして何よりも規模の拡大に苦労するでしょう。 EVMプロトコルがL2ロールアップとサイドチェーンに移行しているにもかかわらず、トランザクショントラフィックの急増とアービトラージボットスパムにより、イーサリアムエコシステムのガス料金が高すぎて、平均的な責任ある投資家がアクティブに管理され、幅広く多様化され、テーマ的にバランスが取れている、報酬が豊富でヘッジ可能なポートフォリオを独自に構築します。 PowerPool の価値提案は、来るべきイーサリアム エコシステム ガス料金環境への責任ある投資は、他の何千ものものと一緒にプールすることによって最もよく管理されると仮定しています。

PowerPool のプールされた車両トークンは直接鋳造できますが、ガス料金を節約するために、ほとんどの投資家は DEX でそれらを購入します。一部のトークンプールの構成/重み付けはDAOの利害関係者によって積極的に管理され、他の構成/重み付けは他のサイトと連携して管理され、構成可能な投資オプションの完全な範囲を提供します。永久先物とオプションを使用した借り/貸し、合成空売り、デリバティブのポジション。平均的な投資家は、PowerPool の Web サイトでガスなしで取引/交換できる PowerPool ファミリー トークンのガス効率の良い自己管理の組み合わせを保持するだけで済みます。 CVP トークンは、DAO トレジャリーの NAV のシェア、つまり仮想通貨ヘッジ ファンドの所有権シェアを与える xCVP トークンとしてステーク/引き換えできます。二次投票は、xCVP/LP xCVP トークンを介して DAO 業務を管理する際の「クジラ」の影響を最小限に抑えます。これは、フォーラム製品開発のディスカッションなど、コミュニティのオンライン プレゼンスの「ゲート」部分にアクセスするためにも使用されます。